ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.05.28 Saturday

モンゴル旅行関連ツイートまとめ

twitterではいろいろとご反応をいただきましたが、今回モンゴルに行ってきたので旅行中のツイートまとめ!
#2016mngl タグでカメラマンのYU-SUKEさんの旅行中ツイートも見られまーす































































2015.12.13 Sunday

無料配布ポストカード委託先とコスプレ予定

冬コミにて告知ポストカードの無料配布をいたします。
先日届いたのですが、厚みのある紙で箔押し加工もしているので重厚な仕上がりです(^▽^)


今回、友人のサークルを中心にポストカードを置いていただくことになりました。
お近くまで来られた際には是非もらっていただけると嬉しいです。

12月29日(火)コミックマーケット89 1日目
東 ツ-26b 帝都A様

12月31日(木)コミックマーケット89 3日目
東 J-09ab girl's chronicle様
東 J-10b 蛙堂様
西 よ-43b CIRQUE様

※2日目の配布予定はございません。


それと、コスプレ予定ですが2日目3日目に行く予定です。

12月30日(水)コミックマーケット89 2日目
  魔法戦隊マジレンジャー 小津麗
  :拓海さんの芳香ちゃんとシスターズ合わせ〜〜☆祝10周年!

12月31日(木)コミックマーケット89 3日目
  乙嫁語り アミル・ハルガル
  :ヅケさんのカルルクさんと合わせです´V`)



今年一年、乙嫁のコスプレをしましたが来年は写真集の撮影以外は特にイベントに行く予定が無いので
コミケでたくさん交流できたらいいなと思っております…♡
お会いできる方いましたらお気軽にお声がけいただけるととても嬉しいです!
2015.12.12 Saturday

#一年の思い出を月別で振り返る 下半期

引き続き、twitterで振り返る2015年です

◆ 7月 ◆

・廣田さんのカザフかぎ針刺繍講座にいきました


・第一回パクチー会〜〜!


◆ 8月 ◆

・カルルクさんの衣装を進める


・コミケで素敵な本をGET(^▽^)



◆ 9月 ◆

・シュート!原画展開催(来年の1月)が発表されて嬉しさのあまり膝から落ちてごろごろする
・カジカたんとワンピタワー!

・トラベルEXPO!


・月末にスピリッツの原画展に行く
 シュトヘル原画、紙の質感とその上にのっている色の濃淡がまだ目に焼きついてる…伊藤先生のカラー大好き


◆ 10月 ◆

・伊藤悠先生キャラデザのガンダム新シリーズがはじまる

・kingsmanにハマって久しぶりの映画館通い

・絨毯にかこまれて撮影


・その日ちょうど上川隆也さんがPONに出演されて乙嫁語りをオススメされていた…獠ちゃんのような服で…2倍で幸せ

・ありがとうございます〜〜!


・cure終わるのにショックを受ける

・バリ島へ旅行しました





◆ 11月 ◆

・スザニ展へ!


・かのんさんと東京モーターショーへ!


・ヅケさんと乙嫁合わせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!




・順調


・コミティアで素敵なグッズや本をGET

・台湾旅行にいきました






◆ 12月 ◆

・羊の国vol.2に出演しました


年末までの出来事はまた追記しようと思います。充実してたな2015年〜!

- - - -追記

・コミケで無配ポストカードの委託をさせてもらいました


・コミケ2日目!永遠に大好きマジカルシスターズ


・コミケ3日目!ヅケさん山葵さんと乙嫁合わせ〜〜!


2015.12.12 Saturday

#一年の思い出を月別で振り返る 上半期

12月ですし、twitterで #一年の思い出を月別で振り返る というタグがあったのでやってみます。

◆ 1月 ◆
・あけましてから、目標を立てたけど12月現在ユルールの衣装はもちろん手をつけておらず有言不実行…


・アミルの衣装ができました


・ネットニュースサイトに取り上げて頂きました

おたくま経済新聞さん
【ファンの執念が作り上げた『乙嫁語り』アミル衣装がすごすぎる】
http://otakei.otakuma.net/archives/2015011404.html

◆ 2月 ◆
・ワンフェスでアミルのコスプレ






・神、ふぇりおさんとお写真´▽`


・おたくま経済新聞さんに続報として記事にしていただきました

【刺繍は全て手仕事!約6年かかった『乙嫁語り』アミル衣装ついに完成】
http://otakei.otakuma.net/archives/2015020905.html



・乙嫁7巻おっぱいがいっぱい!!!!
・ロケの夜、ラジオのゲストに森薫先生が出演!ナイスタイミングすぎ。かじりついて聞く。


◆ 3月 ◆
・中央アジア会!翌週のナウルーズの日は中央アジアの音楽3というイベントへ。


◆ 4月 ◆
・プラザ平成でマジレンジャー合わせ。10周年!


・唐突にうちの子自慢しますね


◆ 5月 ◆
・ウズベク再訪


・ウズベクでコスプレ。奇跡のような展開で、このスタジオに行くことができました。




・旅行のときは時差を考えて飯テロ☆


◆ 6月 ◆
・お友達の結婚式用に刺繍でウェルカムボードを作りました


・シュトヘル11巻で魂を抜かれる
・かのんさんと遊んで、気づいたらプリパラデビューしてた

・山葵さんヅケさんと乙嫁ご飯会!
・人に人を紹介をしてもらうということって、何にも代えがたいありがたいものだなと実感する


2015.12.09 Wednesday

羊の国vol.2に出演します

Twitterでは 告知させていただいたのですがブログに載せるのをすっかり忘れておりました。

明日、代官山にて
「羊の国 vol.2 中央アジアから読みとく民族の美しさ」
に出演します。




 

たくさんのご予約をいただいているようで、ありがとうございます!
蔵前さん榊さんとのトーク、ちゃるぱーささんのアフガン音楽ライブ、こだわりの羊料理など
熱い中央アジアイベントになりそうでとっても楽しみです!よろしくお願いします〜

※空席については会場へお問い合わせいただけると嬉しいです。
2015.11.03 Tuesday

絨毯に囲まれて 告知ポストカードの撮影

乙嫁語りといえば森薫先生の緻密な描き込みですが、その中でも私は特に絨毯や刺繍の布の描写が大好きです。

実際に中央アジアの手仕事はとても細かく、色彩豊かです。
外からみると地味な砂色のユルタですが、一歩入ると色と文様の洪水だったり
塀で囲まれた住居も中に入れば、日陰になる大きな木とチャイハナのある中庭、そして部屋には美しい手仕事…と
遊牧民も定住民も、生活を豊かにするツールや財産として布を使っています。

部族によっても、色合いや文様に特徴があります。
コスプレ写真でもそれを表現できたらと思って、スタジオで絨毯と一緒に撮影してきました!

この写真は写真集にも入りますが、告知用の無料配布ポストカードになります。
冬コミケなどで配布予定ですので詳細決まり次第、ブログやTwitterで告知しますね。








PHOTO YU-SUKE @airmaker


今回、素晴らしい絨毯をお借りしたのはtribeさん

部族の絨毯と布
tribe
http://jutanya.ocnk.net/
http://www.tribe-log.com/

扱われているのは部族絨毯。
大きいサイズのキリムや絨毯から、細かい文様がギュッと詰まった生活に取り入れやすいピースまで様々です。

日本で絨毯といえば、ペルシャ絨毯が有名ですよね。
ペルシャ絨毯も宝石のような美しさですが、部族絨毯はまた違った魅力があります。
馬での移動に使う袋や、ゲルの中を彩る掛け布、子供の幸せを願って織ったキリムなど、生活に寄り添った布たち。
草原で人が生きる美しさ、強さ、願いそして喜びが詰まっている、力強いテキスタイルです。

そんな部族絨毯、ぜひ一度見てみてください。
絨毯やキリムというと敷居が高そう(と私も思っていました)ですが、tribeさんはとにかく豊富な知識と穏やかな人柄で
絨毯選びの手助けをしてくださいます。また、品質の良い、確かなものが揃っているのも魅力のひとつです。

ショールームがありますので、詳しくはホームページ・ブログにてご覧ください。
2015.09.27 Sunday

ごあいさつ

改めまして、祭と申します。
2016年12月のコミックマーケット91にて、乙嫁語りコスプレ写真集の発刊を目標に撮影をしています。
このブログは今まで旅行レポや(ちょこっと)コスプレ写真をアップしていましたが
これからは写真集に関する告知や撮影レポなども書いていく予定です。

Twitter @maturiiiiin
とあわせて、よろしくお願いします〜〜!

これまでのいろいろまとめ(´▽`)ノ

◆衣装の製作日記

http://escalsialog.jugem.jp/?cid=46244



◆おたくま経済新聞さんに記事にしていただきました

ファンの執念が作り上げた『乙嫁語り』アミル衣装がすごすぎる
http://otakei.otakuma.net/archives/2015011404.html

刺繍は全て手仕事!約6年かかった『乙嫁語り』アミル衣装ついに完成
http://otakei.otakuma.net/archives/2015020905.html

◆2月WF





◆2月馬ロケ



◆5月ウズベクロケ

【旅行】3日目 古民家スタジオ&工芸博物館でコスプレ
http://escalsialog.jugem.jp/?eid=1092782


コスプレだけでなく、現地のごはんもたくさん撮影してきました。



年内の予定
・10月 スタジオ撮影
・11月 ロケ
・12月 コミックマーケット89
2015.08.09 Sunday

【旅行】5日目 最後の日はいつも恋々と

旅行最後の朝です。
旅行ってなんでこんなに過ぎるのが早いんでしょうか。

今日はブハラを出発してタシケントへ向かい、夜の飛行機に乗ります。
まずは最後までブハラ観光。ホテルの朝食が出る前に散策へ。
朝、街の人たちが箒で掃き掃除をしている路地を抜けてチャル・ミナルを見に行きます。






チャル・ミナルは四本のミナレット(塔)という意味で、ブハラの他のメドレセからは離れた東側の旧市街に位置しています。
朝早かったので中には入れませんでしたが、誰もいない場所を満喫しました。


朝からノンを売る人たち


8:40のシャルク特急でタシケントへ。7時間の長旅です。

乗ったときに食事を注文したら、ちゃんとお昼に届けてくれました。


今日も飽きずにプロフーーーーーー!
私、このペースでウズベキスタンにいたら間違いなく1ヶ月で体型2倍になる。
どこのプロフもそれぞれ特徴があっておいしい…最高…


しゃれおつキッズたち

タシケントに着いたら、チョルスーバザールの布屋でアトラスとバフマル(ベルベットのアトラス)を購入
目の詰まった品質の良いバフマルはありませんでしたが…布に囲まれて至福のひと時





ポットの蓋だけ…5000スム(240円くらい ※2015.8.9現在)

チョルスーのあとは、バラク・ハン・メドレセに行って木工品を買ったりしましたが
大統領渋滞(大統領の車が通るときは通行止めになる)の影響もあって急いでいたので写真はありません

はーー今年のウズも楽しかった!人とのご縁、出会い…いろいろと助けられての旅でした。
ウズに恋して、この国にあの人たちにまた会えるのはいつだろうかと恋々としながら日本へ帰りました。
(夜に出発するので、前年と同じく機内食もとらず爆睡して、気がついたら仁川まで30分のところだった びっくり)

ひとまず旅行レポは終わったので今後はお土産や、スザニについてなどまとめてみようかな
あと、私コスプレする人だからイベントレポも書かないと…
ご興味ある方はまたお付き合いいただけると嬉しいです ノ
2015.08.07 Friday

【旅行】4日目 素晴らしき中央アジアテキスタイル

タキバザールでお買い物です。
去年も購入したスザニのお店に行ったら、覚えててくれて嬉しかったなぁ
スザニの先生をやっている方で、素敵なスザニをたくさん縫っています。
高いけど、ハイクオリティで、色も柄もセンス抜群。

タキ・テルパクフルシャンを出て北側にあります。入り口はこんな感じ。

日本人が好きな、白や生成り・薄茶の生地に緻密な刺繍を施してあります。ベッドカバーサイズもあり。

その娘さんのお店もあって、クカリダシュ・メドレセのツーリストインフォメーションの隣。

娘さんは英語が堪能。
赤や黄色など、色鮮やかなスザニの在庫が多いです。小物もあり。





夕方からはナディール・ディヴァンベキ・メドレセの舞踏ショー。
伝統的な衣装・ダンスと、アトラスを使った現代的な服のファッションショーが交互に行われます。

























2015.08.05 Wednesday

【旅行】4日目 レンガで造る文様

イスマイール・サーマーニ廟へ向かいます。

入り口は公園や遊園地になってるけど、結構怖いよこの遊具。


中央アジア最古のイスラーム建築。
892年から943年にかけて作られたソグド式の霊廟です。高さは9m。
すべてを破壊していったモンゴル軍が攻めてきたときは土の中に埋もれていたため崩壊を免れました。
美しいのはその日干しレンガの積み方で、タテヨコ23cm 厚さ3cmの正方形のレンガだけで陰影や文様を表現しています。










積み方次第でこんなに表情が変わるなんて。

いたるところにお土産やさん。



チャシュマ・アイユブです。
チャシュマは泉、アイユブは旧約聖書に出てくる預言者ヨブのこと。
人々が水不足で苦しんでいたとき、ヨブがここを杖で叩いたら泉が湧き出たという伝説があります。
疫病の流行等で水汲みが禁止されましたが、蛇口をひねるとほんとにほんとーーーにチョロチョロって水が出てきます。
タンクとかに入ってるのでしょうか??
現地の人はコップでこの水を飲んでいましたが、日本人が飲んだらたぶんお腹が即死。




チャシュマ・アイユブの中は水の博物館になっていて、これはサルドバ(sardoba)。
タジク語で サル(冷たい)ドバ(水) という意味です。
キャラバンサライの隣に設けられて、ラクダや人が水を飲むための場所でした。
25kmごとに作られていたのも、ラクダが一日歩ける距離を考えてのこと。
昔はウズベキスタン内に44ヶ所あり、今はヒワからブハラの途中に1つだけ残っているそうです。


これが内部の構造。地下に水を溜めることで、冷たさを維持していました。


当時のハンマム(お風呂)の絵。



バラハウズ・モスクです。
アルク城のすぐ近くにある、ハン専用のモスク。




胡桃の柱の間には、らくだの毛が挟んであります。虫除けになるそう。




アルク城を見ながら、バラハウズ・モスクの近くのレストランでお昼にすることにしました。


プロフ大好きすぎて毎日プロフ食べてる。
油っぽくておなか壊したとかいろいろ聞くんですけど、幸いなことに私は今まで無事です。
きっとそれは暑くても熱いお茶をひたすら飲み、冷たい飲み物は避けてることが良かったのかなぁ。
あと水っぽい果物とか。
(でもこの翌日、疲れすぎてプロフと一緒にペプシがぶ飲みした…^▽^)
ウズに行く方、プロフには熱いお茶ですよ。お茶。


4日目にしてやっとありつけたシャシリクーーーーーーー!!!
お肉をぶつ切りにしたもの(左)と、つみれ状のもの(右)があります。
シャシリクを頼むときはたまねぎの酢漬けも併せてどうぞ。


ノンに模様をつけるチェキチ。


スザニ(刺繍布)の図案を切って売っています。
独特な模様がたくさんあるので、好きな人にはたまらないかも。私は大量に買いました…


看板ネコちゃん。
Powered by
30days Album