ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【旅行】1日目 変わらない空の旅 | main | 【旅行】2日目 リベンジ・レギスタン >>
2015.05.24 Sunday

【旅行】2日目 もう一度あの青に会いたくて

2日目はサマルカンド日帰り観光という強行スケジュール。
(東京に宿泊してて、京都日帰り観光って感覚です)
市場やメドレセでまったりしてる欧米のバックパッカーを横目に、小走りで車に乗り込みながら
私はなんて日本人的な旅行をしてるんだ…
と思いましたが、なにかと小忙しい私は4日間で3都市回らなければ今回の旅の目的が達成できないのです…!!!

強行とはいえ去年も一度来ているので、そのときに見られなかった・見足りなかったところを補完することができて
なんとかサマルカンドを一周、観光できたかなという印象です。

タシケントからサマルカンドまではアフラシヤブ号です。



改札いつ出来たの!?!?
ま、まさかのウズベクでタッチ&ゴーが出来るかと思ったら切符がまだ古いタイプだったので出来ないって言われました。悲
車内では軽食も出るようになったり、確実に進化しているウズ観光。


車窓から。ウズベクの国旗のような、青と白と緑の風景。
タシケントとサマルカンド間344kmを2時間10分で結びます。


サマルカンド駅。

まず、私が一番好きなグリ・アミール廟へ。





小さいタイルの中にも色の濃淡があってきれい…










グリ・アミール廟は、外観はれんがのベージュと、青のタイルでとっても爽やかな色合いなのですが
建物の中に入った途端、宇宙空間に放り出されたような感覚に呆然とします。
ここにいると、口はいつも半開き。




模様が分かりやすいようにちょっと明るめに。実際は、薄暗いなかに金と青が浮かび上がって絶景です。


ティムールの他にも、ティムールの教師や、息子やひ孫が埋葬されています。
地上に出ている墓石は位置を示しているだけで、亡骸はこの3メートル地下にあるそう。

墓石も細かい模様が。


修復前と今の姿。


ミナレット(塔)は崩れて、今はその土台と階段の一部しか残されていません。
コメント
祭さま

返信ありがとうございました。
お礼を言いそびれておりました。
うちのブログにおいでいたたいき、お気に召していただき、嬉しい限りです。
祭さんの「愛」も本当に素晴らしいですね。
感動しております。
ウズベクも素晴らしかったです。一部アバウトな修復も含めて。
ああでも、工芸博物館はいきそびれました!
また行かねば!
中東の美術は実に奥が深いです。
私もはまったまま、戻ってこられません。(笑)

こちらもよろしかったらどうぞ。
http://hisuirou.web.fc2.com/
  • ziryab
  • 2015.05.27 Wednesday 13:47
ziryabさん
ご丁寧に、ありがとうございます…!
工芸や美術については、なかなか資料の少ない地域なので
古本を買ったり、詳しい方のブログからいろいろと勉強させていただいています。
ziryabさんのブログも一気には見切れない、素晴らしい情報量なので
じっくり拝見させていただきます。

工芸美術館はとにかく素晴らしいです。
ロシア風の装飾が取り入れられていて、文化と文化がミックスすると
更に不思議な美しさがあるなぁと思います。大好きな場所です。

URLも拝見しました。
コミケにもいらっしゃってるんですね・・・!
こんな素敵なサークルさんを見逃していたとは・・・
次回参加の際は、直接手に取らせてください!
  • 2015.06.03 Wednesday 16:33
祭さま

おお!コミケでお会いできると嬉しいですね!
今回の夏コミは旅行で申し込んでいます。
合否が来たらまた連絡いたしますね。
  • ziryab
  • 2015.06.15 Monday 23:31
コメントする








 
Powered by
30days Album