ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.08.31 Wednesday

【旅行】草原へ

ウランバートルから草原へ向かいます。


道の脇には オボー というチベット仏教の標柱があります。
旅の安全を祈願してオボーの周りを三周時計回りに回ります。
回り終わったら石を積み上げたり、お供え物をします。
















意外と近代的なゲル。アンテナと太陽光パネルを備えたゲルが多くなっているらしい。


ごちそうになった


今日の宿、ゴビモン ツーリストゲルです。






久しぶりの鶏肉。ずっと羊だったのでちょっと嬉しかった…



馬乗るよ〜〜


モンゴルの馬はちょっと小柄です。










乗馬のあとはビール! くあぁぁぁあ

今のところベストオブ一杯。

この日は夜中に起きて、満天の星空を見ました。
360°さえぎるものが何も無いモンゴルでは、空が半球状(プラネタリウムみたいな)に見える!
感動でした。

これでモンゴル旅行最後の日はおわり!楽しかったー!
2011.08.31 Wednesday

【旅行】草原の市場 ナラントールザハ


ナラントールザハに 来ましたー! わー
日用品ならなんでも揃うウランバートル最大の市場です。

そして、スリ天国☆

私がブーツを1足買った後
お金をまだ残っている商品にさっと撫でるようにしています。
こっちも早く売れろ〜〜っていう意味だとか。




買ったのはブーツ2足と、布とボタン。

スリから財布を守るのに集中してたので
あんまり写真は撮ってないですが
私をモンゴルに駆り立てた市場はほんとに楽しかったです。


もうひとつの市場、メルクーリザハ。
こちらは食料品





やっぱり乳製品の品揃えが良いです


じっくり市場を2つ回った後はモンゴル料理のバイキングに行きました。



山羊肉の衝撃のまずさ


でもヨーグルトシャーベットは最高においしかった

レストランの出口のところにあった、羊のくるぶしの骨を使った骨占い。
くるぶしの骨は4面すべて形が違うので
それぞれを 馬、ラクダ、羊、山羊に見立てて出た目の組み合わせて占います。


結果は…

馬2 ラクダ1 山羊1
Everythig will be perfect!

最高の一日でした〜〜
2011.08.31 Wednesday

【旅行】ウランバートル散策2日目!

朝起きて、スフバートル広場へ






オペラ劇場は旧日本軍の兵士が建設したもの。




綺麗に整備されている市内


夏の間は建設ラッシュです


イメージではないかもしれませんが、高級ブランドも並んでいます


バスへ乗って…

ウランバートル市南側のザイサントルゴイの丘へいきました。












小高い丘で市内が見渡せます




モンゴル人民がソ連軍を讃えて、日本帝国やナチス・ドイツを粉砕する壁画です。



ソ連軍とモンゴル軍が日章旗を踏んでいます
(別の壁でナチスもめっちゃ踏まれてた)


この日はまた中心部に戻って、お昼ごはんと市場めぐり!
2011.08.31 Wednesday

【旅行】ダンバダルジャーの日本人墓地

ウランバートルから車を走らせて、郊外へ。






ダンバダルジャー 日本人墓地跡です。

戦後、ソ連(当時)の捕虜となりモンゴルで抑留された日本人のための慰霊碑があります。
シベリア抑留はとても有名ですが、モンゴルにも1000人以上の抑留者が亡くなっているとのこと。

今回、モンゴルに来て、行ってみたかった場所。




中央の黒い線は日本の方角です。




太陽が真上にきたとき、碑の上の部分が落とす影が日の丸になるんだって。



昔、日本のことをおもいながら日本に帰ることの出来なかった人がいたこと

日本人として決して忘れてはいけないことだと思います。

ウランバートルの街を見渡せる
風がよく通る美しい場所でした。

2011.08.31 Wednesday

【旅行】民族衣装博物館

モンゴルといえば…草原で馬に乗って、ゲルに泊まり、ウランバートルを散策して…

いやいや、民族衣装博物館でしょ!

MONGOL COSTUMES MUSEUM 、この旅の目玉です(大真面目)







写真撮るのに、いくらにつき5枚撮ってOKっていう
ルールになっているようですが
(値段は忘れました)
私が「はぁ〜〜〜これも、これも撮りたい〜〜かわいい〜〜ひゃ〜〜ど〜しよ〜〜」状態だったので
博物館の受付のおばちゃんが 分かったから…10枚撮っていいよ… って、ぽかーんとしてました。

じっくり厳選して10枚撮る私。
未だかつてこんなに気持ち悪い日本人観光客いたのかね

博物館といいつつ、実際はビルの一室に展示品を集めているような感じ。
でも展示は充実していて、民族衣装を中心に
昔の生活用品や、シャーマンの衣装の展示もありました!


子供の遊び道具


これ、すごい、激似

他にもモンゴルの少数民族それぞれの衣装が展示してあって
たまらんでした。

博物館では、実際に衣装を着て写真を撮ることができるそうです。
今回はやらなかったけど、次行ったらそれで半日使いそう。
2011.08.31 Wednesday

【旅行】ノミンデパート


ノミンデパートに来ました!
旧国営デパート、綺麗です。








1階は化粧品売り場と食料品。


2階からはアウトドア用品や日用品、書店、フィットネスジムなど…


モンゴルで見るとゴリが更にいかつく見えるよ

最上階はモンゴルのお土産売り場です

毛皮、259,990Tgなり




子供サイズのゴダル!かわいい〜〜!


ノミンデパートを後にして車で街を走ると…

ウランバートル駅


高級カシミヤのゴビ社
ストールとマフラー、大判のブランケットを買いました。
高いお土産だけど日本で同じ品質のカシミヤを買ったら何倍するんだろう…っていう安さ。

そして隣でドカ買いする中国人…
ラス1だった綺麗な水色のストールを死守しました。

お昼ごはんはサンサル地区にある MONGOLIA'S RESTAURANT&PUBへ。




これすごいおいしかった。
メニューには Mongolian national cream soup って書いてあったような…


英語メニューもあって観光客も多いレストランです。

レストランでガイドさんとこの次の予定を話しているときに
モンゴルの民族衣装博物館は行くって決まってたんだけど
ここに来てやっぱり行っておきたい場所がもうひとつあって。
午後は博物館と、日本人墓地にいきます。
2011.08.31 Wednesday

【旅行】ウランバートルへ飛ぶ

出国〜到着、ホテル情報

MIAT モンゴル航空を利用しました。
成田⇔ウランバートル便は毎日出ておらず 月・木・土 で各1便です。




出発!




ナッツと機内食(チキン)




スケール大きいです

草原の中に街が見えてきた!

到着すると、18時〜19時くらい。
空港からウランバートル市内に向かう道が大混雑で
着いてホテルにチェックインするともう真っ暗。



初日のご飯はホテル近くのカフェでピザにしました。
思った以上に大きいし、厚みが…すごい…うま…

泊まったのはチンギスハーンホテル
http://www.chinggis-hotel.com/
清潔で安心できます。
フロントは英語OKだったし、テレビはNHKも映ります。


お部屋も広々〜〜


アメニティも問題なし

街の中心からは外れていますが、ストレスなく泊まれるホテルでした。

2日目は買出しの旅!
2011.08.31 Wednesday

【旅行】いざ、モンゴル

準備編

日に日に募る、モンゴルへの想いが爆発して
遂に旅行社に話を聞きにいく段階まできてしまいました。

一緒に行ってくれる人は見つからなかったんだけど
見つからないくらいでモンゴル旅行を断念する私ではありません…
逆に一人って楽しいよねレベル。

旅行社は3社くらい話を聞きに行ったんですが…

http://www.jnt.co.jp/
ジャパンネットワークツアー

ここに決めました。

決め手は
・私が行きたいところを全部案内してくれる
・専属の現地ガイドさん(女性)をつけてくれる
こと。


特に「ナラントールザハ(市場)にいきたーーーい!」という要求に
しっかり応えてくれて本当に感謝しています。
ナラントールザハはスリが多いので
旅行社が用意しているツアーで組み込まれていることは少ないんです。
(食料品中心のメルクーリザハはよく組み込まれています)

他の旅行社だと「うーん…ナラントールはちょっと危ないんじゃないですか〜」って反応。
でも、でも行きたいんだもん!市場!!!好き!!!!!


あとは、民族博物館行きたいとか
理想の靴(ゴダル)をひたすら雑貨店お土産店を巡って探したいとか
コア〜〜なところを巡りたい方にとってもおすすめです。
理想のモンゴル旅行を組み立ててくれました。

現地でも良かったことがたくさん。
モンゴルではバスの他に 一般車 をヒッチハイク感覚で停めて
「○○まで乗せて行ってください!」
で、連れてってもらうんです。
(もちろんお金は払う)
これは日本人だけだと怖いし、実際トラブルも多いようで
現地ガイドさんがいて良かった!



次の記事からは旅行記を書いていきます。
Powered by
30days Album